港区歴史フォーラム

忠臣蔵

2017年11月26日(日)開催 昼の部13:30開演 夜の部17:00開演 定員700名参加無料

港区歴史フォーラム「忠臣蔵」では、忠臣蔵をわかりやすく紐解き、
港区内のゆかりの地とともにわかりやすく解説します。
また歴史に造詣の深いゲストがその魅力を語り、
参加者のみなさまに忠臣蔵をより身近に感じていただきます。

 第一部 講演 

「忠臣蔵」の真実

東京大学教授山本博文

東京大学文学部卒業。同大学院を修了後、史料編纂所に勤務。博士(文学)。 『江戸お留守居役の日記』で第40回日本エッセイストクラブ賞受賞。『「忠臣蔵」の決算書』『赤穂事件と四十六士』『武士道の名著』『歴史をつかむ技法』『天皇125代と日本の歴史』など著書多数。NHK・Eテレ『知恵泉』『ラジオ深夜便』などテレビやラジオに数多く出演。

 第二部 トークショー 

歌舞伎からみる忠臣蔵

作家岩下尚史

國學院大學文学部卒業後、新橋演舞場株式会社入社。 退職後の2006年に上梓した『芸者論-神々に扮することを忘れた日本人』(雄山閣)にて、処女作として異例の第20回和辻哲郎文化賞を受賞。これを機に作家としての活動を開始して現在にいたる。講演会のみならず、バラエティ出演、情報番組コメンテーターとしても活躍の場を拡げている。主な著書に『芸者論-花柳界の記憶』『名妓の夜咄』『直面・三島由紀夫若き日の恋』『大人のお作法』がある。

主催 港区
共催 港区観光協会
会場 ニッショーホール
虎ノ門2-9-16(日本消防会館)
-アクセス-
・地下鉄 東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」2番・3番出口から徒歩5分
・地下鉄 東京メトロ日比谷線「神谷町駅」4番出口から徒歩10分
※公共交通機関をご利用ください。駐車場はありません。
※当日、港区観光協会・赤穂市・三次市のブース出展と、港区観光協会の物販出店がございます。
募集人員 各回700名
応募締め切り 11月17日(金)
お問い合わせ 東京新聞 広告局 営業推進部
TEL:03-6910-2483(平日10:00〜17:00)

港区歴史フォーラム「忠臣蔵」
【申し込みフォーム】

応募は閉め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

※お預かりした個人情報は、聴講券の発送など、本イベントのためのみに活用します。

※当選の方には、聴講券を発送いたします(代表の方のみ)。落選の方への通知は行っておりません。事前の当選のお問合せには応じておりませんので、ご了承下さい。